北千住ものがたり

2009 . 07 . 31

りのべの現場

015.jpg

いくらいいプランやデザインがあっても工事をやってくれる業者さんが「リノベーションとはなんぞや」が理解できていないと、仕上がりがまったく違うものになってしまいます。
ひだまりどっとあーるでは、もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、りのべ塾に毎回社長自ら参加していただいています。そう、もう意気込みがまるでちゃいます。

「8月中旬までは工事がパンパンに入ってるからもう駄目よ!」

ということは、8月下旬からはバンバン入れてもいいってことよね。

8月の「りのべ塾」は「北千住ものがたり」を見学できる最後の機会なので是非ご参加くださいね。(私のセミナーはおまけのようなもんです。)具体的にご相談がある方は是非、図面等をお持ちください。

猫が2階から降りる格好がお尻がむにゅむにゅしてなんともかわいい。東京出張時のマイケルへのお土産はいつも「シュークリーム」マイケルはどこの猫よりも、格段にかわいい。むふっ。



posted by リノベ仲間 at 13:30 | Comment(2) | ねこと暮らす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その通りデス。
リノベが分からないリフォームやさんや新築やさんではなかなか難しいですよね。
あと現場にあまり来ない建築士さんも!!
Posted by yuka at 2009年08月02日 01:00
yukaさん、今日もお仕事でしょうか?
りのべも物件ごとに一つ一つ違ってて、奥が深いですね。
yukaさんが良く口にする「感謝力」について、ブログで書いては消し、消しては書いて。。。本音で書きたいね。
Posted by うっちゃん at 2009年08月02日 10:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Copyright(C) 2009 Hidamari Fudosan all rights reserved.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。